ビデオなどの動画コンテンツ(YouTube)を集客に使うメリット

動画は
・文章と写真だけで伝わりづらいイメージを短時間で伝えられる
・視覚的にイメージが記憶されやすい
というメリットがあります。

 

ホームページのコンテンツを制作している中で
「ここは説明するのが難しいよな」
「目の前で実演したら一発で良さが伝わるのに」
と思うことがよくあります。

動画なら、簡単に解決できます。

目と耳に直接届く動画は、文章を読んでもらうよりも
お客さんの頭に入りやすいので印象に残りやすいのです。

ビデオマーケティングは、まだ積極的に取り入れている
会社が少ないので話題になりやすく、YouTube動画がきっかけで
メディアに取り上げられるなどのメリットもあります。

 

動画はお金がかかる?

動画はCMとかで
大手が金をかけてやることでしょ?
専門家に任せてやらないとできないんでしょ?
という社長が多いので

「動画はとてもハードルが高い」
という印象のようです。

実は、iPhoneを使うことでその前提が覆りつつあります。
今、iPhoneを使ったビデオだけを活用している企業が出てきているのです。

北欧のあるテレビ放送局では、中継用のカメラを全てiPhoneに変えた
というニュースもでていました。
つまり、業務用の放送にも耐える品質がiPhoneで実現できてきているということです。

・高い機材
・難しい編集ソフト
・専門的な知識

はもう不要な時代なのです。

じゃぁ、どんな動画を用意するか?

という話になりますが

そもそも、動画をホームページで公開する目的
を考えてください。

誰のために?
何のために?

動画を作って公開するのか。

それは、

「あなたのお客さんを増やすため」ですよね。

大手の場合
・イメージアップ
・ブランディング
のために動画コンテンツを作ることが一般的ですが

私たちは具体的な「集客」や「販促」に直結する
ビデオを作ることが効果に直結するポイントです。

「集客」「販促」につながるビデオとは?

ということですが

ホームページからお客さんを増やして反応をとるためのルールと同じです。
・お客さんが知りたい情報
・お客さんにとってメリットがある情報
・不安を払拭する証拠
をWEBサイト上にたくさん掲載することです。

文章でも動画でもルールは同じなので
「お客さんが知りたいこと」
「喜ばれること」
を動画コンテンツにしましょう。

文章で既に書いてあることも、ビデオにしてOKです。
なぜなら、すべての人が文章だけで理解できるわけではないので
ビデオを優先してみたい人たちがいるからです。

但し、ビデオを頭からおしりまで全て再生してくれる人は少ないので
本当に重要な伝えるべきことは文章にして載せておく必要はあります。

ビデオを自作する方法

iPhoneに三脚や自撮り棒(参考:Amazon)を固定して
撮影すればOKです。

iPhoneにはimovieという無料の動画編集ソフトが入っていますので
簡単な編集ならパソコンすら必要ありません。

完成した動画はiPhoneからYouTubeに直接無料でアップできます。

つまり

あなたはパソコンに触れること無くiPhoneだけで
インターネットにビデオを公開することができるのです。

多くの社長は動画はお金がかかる・・・
と思っているわけですが、とりあえずiPhoneで
自作するところから始めればお金はかかりません。

制作会社に丸投げして、シナリオを作ってもらったり、撮影や編集をお
願いしたりすれば、それなりの費用が必要です。

ですが、こういった制作会社は、あなたの会社が儲かるための
ビデオを作れるとは限りません。
というか、そういったビデオを作れる会社はほとんどありませんし
そういった会社は付加価値がついてますので
あなたがイメージしている金額より3倍とか5倍、もしかすると
ゼロ1つ多いくらいの金額で見積もりがくる可能性があります。

見た目も多少大事ですが、重要なのは「中身」内容なのです。
どんな動画であれば集客につながるか、巷にあふれている動画をまずリサーチしてから
アイデアを出してみてください。

こう言っても、「俺にはちょっとできそうにないなぁ」
という場合は周囲の若い人を探してきて
「動画を作りたいんだけど手伝って?」
と相談してみるとよいです。

弊社でも簡単に撮影して、簡易編集、YouTubeへアップのプランも
ご用意しております。