弊社ではホームページで手堅く稼ぐ方法として
ホームページは複数持つ。

 

ということを推奨しています。

昔からひっそりとネットで稼いでいる会社が
公にせずにやっている方法です。

例えばリフォームの会社なら

・トイレリフォームのサイト
・キッチンリフォームのサイト
・外壁塗装のサイト

と分けて、
それぞれ2カラムのページ数も
しっかりしたサイトを作っています、

この方法は昔から今でも変わらず通用しますし、
鉄板の方法になります。

 

ですが、最近さらにシンプルな手法が広まりつつあります。

それは、LP(ランディングページ)
を活用する方法です。

まず、コーポレートサイト的な、
会社やサービスの紹介を網羅した総合サイトを作ります。

その中に子ページとしてサイドバーがない1カラム縦長の
ランディングページをいくつか設置する。

という感じです。

 

大手企業はかなりこの方法を積極的に採用していますし、
同じ方法を小さい会社がやっても、全然問題なく結果が出ます。

この方法の最大のメリットは、
PPC広告の連携度の高さです。

LPは単一商品・サービスのページになりますので、
反応率・成約率が高くなります。

そこに、リスティング広告を出稿すること
受注率の高いページにアクセスをお金をかけて集める。

という考え方です。

 

例えばリフォーム店であれば、
コーポレートサイトを作って、その中に

・キッチン工事のLP(ランディングページ)
・トイレ工事のLP
・お風呂工事のLP
・トータルリフォームのLP

を作って、それぞれにキーワードとマッチした広告を打つ

といった感じです。

全体の構成がシンプルになって管理がラクになります。

 

リスティング広告はページやキーワードごとに
費用対効果がはっきりします。

 

今後はこの方法が普及する手法になるでしょう。

 

複数サイトの立ちあげを考えている方は
この方法も候補に入れてみてください。