7711ebb65dc05e8e7d8d73bd97eeda32_s

 

集客設計士の肥後です。

通常のマーケティングや、営業、販売、
その手段としてインターネット集客も必須と言っていいほど重要です。

現代社会において、
WEB(ウェブ)からの集客を無視して集客は考えられない。
と言ってもよいでしょう。

で、最近の例で言えば

店舗ビジネス
工務店リフォーム系
OA通信系
ブライダル系
歯医者
士業系(税理士・社労士・弁護士・行政書士など)
旅行代理店系
セラピスト
ホームページ制作会社
不用品回収
飲食店
塾・家庭教師
美容室
個人事業主

など多種多様です。
 
その方々のお話しの中で、
「自社のホームページをGoogle検索で上位表示させたいのですが」
という相談を高い確率でいただきます。 

いわゆる「SEO対策」というものです。

「検索されたいキーワードを文中に散りばめる」
「1ページあたり文字数を1000〜3000文字を目安に入れる」
「ページの増減、加筆修正などの定期的にメンテナンスを行う」

など、細かいテクニックがあります。

これらはテクニックレベルの話ですので、
長期的にあなたのホームページが上位表示できるようになるための
「基本的な考え方=上位表示マインドセット」
をご紹介します。

あなたがブログやホームページをアップしている
インターネット上の情報というのは
Google様が管轄している場所だという認識を持ってください。

彼らはエリート中のエリートというか、言ってしまえば天才です。

しかも、天才が集まった転載集団です。

彼らが目指すことは
「情報を整理して届けること」
です。

ホームページの検索サービスに関して言えば
「検索ユーザーに最も価値のあるホームページを提示すること」
です

「Googleで検索すると問題が解決する」

という状況を検索の利用者に提供すること
Googleという会社の利益が増えるビジネス構造になっています。

つまり検索においてもっとも重要な視点は
「利用者に価値の提供できるホームページであること」
ということです。

方法論やテクニックレベルであれこれやったとしても
Google様には、短期的にしか通用しないと考えてください。

逆に永遠に姿を消すことになるかもしれません。

超本質的なマインドセットは
「訪問者の悩みを解決するコンテンツ」
「紹介投票件数(外部のホームページからのリンク)が多いコンテンツ」
を用意する。ということです。

「どうすればXXの悩みを抱えている人をたすけられるか?」
と考えてページに必要な情報やコンテンツを作るのです。

「情報提供者になること」
というマインドセットが大切です。

これは、一番の目的が、Googleで上位表示させることではなく
お客様に必要な情報を提供してお問い合わせをしてもらうことではないでしょうか。

必要とされる情報がないと、信頼もされませんし
たとえ上位表示されたとしても
売上に直結するお問い合わせに繋がりませんから
お客様のことを考えて記事(情報)を提供してください。